年収が100万円あればフリーターでもキャッシングが可能!

キャッシングは年収が100万円あれば、フリーターやアルバイトをしている人でも可能です。ですが限度額は当然少なくなります。

 

消費者金融には総量規制という規定が適用されるので、年収の1/3を超える借り入れはできません。限度額は10万円単位で設定されることが多いので、年収が100万円の場合は30万円と設定されることが多いです。

 

フリーター・アルバイトでも申し込めるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

必ず年収の1/3まで借り入れが行えるとは限りません!

ですが年収が100万円あれば必ず30万円の限度額になるという訳でもありません。その他の要素から判断され、10万円になってしまうこともよくあります。この10万円とは、キャッシングにおける最低の限度額です。これは消費者金融でも銀行でも同様です。

 

費者金融で限度額が10万円になる場合とは

まずは今の職場での勤務期間です。これが3ヶ月程度の場合、一応年収額は算出できますが、そのまま勤務を続けるとも限りません。こういった場合はとりあえず10万円からスタートする場合が多いです。そして信用情報に問題がある場合です。

 

この信用情報とは、過去にキャッシングを利用したことはあるか、その際に返済はきちんと遅延せずに行ったかなどの情報です。これは信用機関に記録されており、審査の際には必ずこの信用情報を確認します。キャッシングだけではなくクレジットカードの支払い記録や、最近では携帯電話やスマホの購入時にその代金を分割して支払う契約がありますが、その分割の支払いに関しても記録されています。

 

この信用情報に問題があった場合、やはり限度額は低く抑えられてしまいます。多く問題が発見された場合は審査自体を通らないことがあります。またアパートなどの賃貸物件に住んでいる場合、その家賃が問題になる場合もあります。家賃は必ず毎月支払いますので、その分とキャッシングの返済額と合わせて毎月きちんと支払えるのかが判断され、これが難しいと思われた場合も限度額が最低の10万円に設定されたり、審査自体が通らない原因になります。

 

アルバイトの場合、職場自体のジャンルも審査の対象になります。コンビニのように比較的安定してシフト勤務が可能な職場の場合は問題ありませんが、雑誌社や芸術関係のアルバイトなどはそれと比べた場合、どうしても安定してるとは判断してもらえない傾向があります。もちろん他にも要素はありますが、特に審査で問題とされやすいのはこれらの点です。

 

銀行のカードローンの場合

銀行のカードローンには総量規制は適用されませんが、元々消費者金融と比べた場合、審査が厳しい傾向にあります。また消費者金融とは違い、年収200万円を融資を行う1つの目安としていることが多く、それ以下の場合は年収の1/3までの借り入れでも審査を通るとは限りません。

 

逆にこの総量規制が適用されない為、年収の半分程度までの融資を受けられることもありますが、これは年収額が多く、また勤務実績や信用情報に何も問題が無かった場合に限ります。フリーターではこのような高額の融資はまず無理だと思ってください。

 

消費者金融とは違い、本人に収入がない専業主婦にも融資を行っていますが、フリーターの場合は基本的に消費者金融の方が融資を受けやすいと思ってください。

 

→総量規制とは | 貸金業法について

 

実績を積むことで限度額は増額されます

ここでいう実績とは、キャッシングの利用実績のことです。これは借り入れに対して遅延することなく返済を行うことで積み重ねることができます。初めて利用する人より、以前に借り入れ実績がある人の方を信用することがあります。

 

もちろん支払いを遅延したようなことがあった場合は逆効果になってしまいますが、そのようなことがなくきちんと返済を行って完済した実績がある人は、初めて利用する人より信用ができると判断されます。また最初に限度額が10万円と設定された場合でも、この返済実績を重ねることで限度額は増額されていきます。必ず増額されるという訳ではありませんが、信用ができる人だと判断されれば段階的に増額されていく可能性が高くなります。

 

限度額が増額された場合の注意

限度額が増額されていくということは、それだけ自分に信用がついてきたということです。これによって必要以上の金額を借り入れてしまうと、その分返済が大変になってしまうので気をつけてください。

 

どれだけ限度額が大きくなっても、キャッシングは必要な金額だけの利用が基本です。多く借り入れることで当然ですが、金利の額も大きくなります。信用がついていくのが嬉しい気持ちも分かりますが、それを忘れないようにしてください。

 

フリーターでも会社員より有利になる場合も

基本的にフリーターより会社員の方が比較的収入が多く、安定していると判断されることが多いですが、この信用という面で劣る場合、会社員より収入の少ないフリーターの方が高い評価になることも珍しくありません。

 

特に返済の遅延を重ねているような場合、会社員であってもいくら年収があっても、そのような人は信用できません。一度も支払いの遅延をしたことがないフリーターの方がよっぽど信用できます。

 

職業や年収はもちろん大切な判断要素ですが、キャッシングではそれ以上に今までの利用実績が物を言うということを覚えておいてください。

フリーターのキャッシングってどうなるの?

キャッシング審査の条件は年齢と収入がまずポイントになります。年齢は20歳から上は69歳までの間で安定した収入がある人です。特に勤続年数はやはり長い方が審査に通りやすいでしょう。ただ、その他の条件に問題がなければ勤続年数が短くても融資を受けるという事は可能です。

 

アルバイトの学生でもキャッシングはできますから、フリーターでももちろん大丈夫です。ある程度の限度額を認めてもらうにはそれなりに収入がなければならず、学生や主婦などのアルバイトやパートの場合には10万円程度の最低限度額になる事もあります。

 

フリーターの場合、立場こそ正社員ではありませんが働き方によってはまとまった収入を得ている事もあります。また、勤続年数が多ければその収入は安定したものであると判断されますのでより審査には有利になります。キャッシングの場合は雇用条件や勤続年数に関して幅が大きいので、年単位での勤務実績がまだなくても審査に通過する事はできます。

 

キャッシングといえば銀行か消費者金融のどちらかの利用を考えますが、フリーターの場合は消費者金融の方がより借りやすい傾向にあります。銀行も消費者金融も審査はありますが、銀行の方か何かと審査は厳しい場合が多く、職業や雇用状況などの属性と呼ばれる項目に関してのチェックがより細やかに行われるので、公務員や会社員など雇用の安定している人の方がやはり有利となっています。

 

信用情報等に問題がなくて、勤務実態の確認等がきちんとできるのであればもちろんフリーターでも銀行でキャッシングを利用できる可能性はあります。収入証明書も300万円ぐらいまでならなしで借りられますし、金利も安いのでとても助かります。

 

ただ、融資の審査には一度落ちるとその次に他で審査を受ける時にとても不利になってしまいますので、キャッシングの審査はなるべく一度で通したいものです。そういう意味でも消費者金融はあまり雇用状況などの条件に特別厳しいという事もなく、収入が安定さえしていれば審査には比較的楽に通りますので安心です。

 

→即日キャッシングランキング出来るカードローン

 

信用情報の内容がとても重要

融資の審査で必ず見られるのが、個人信用情報です。ここには過去数年分の借金やクレジットカードの利用履歴が記録されています。もしも何かの借金を延滞した事があったり債務整理の経験があったりするとその事が全て記録として一定期間残ります。

 

キャッシングなどの延滞で5年、自己破産で10年程度と言われていて、この記録が残っている限りはどんなに頑張っても審査には落ちてしまいます。また、審査を受けたという記録も同時に残る事になり半年間は保存されますので、もしも落ちてしまったらその事は信用情報を見れば簡単にわかってしまいます。

 

そのような延滞や債務整理の記録を金融事故と言って、いわゆるブラックリストに入っている状態となっている事になります。金融事故さえなければ大丈夫かというとそうではなく、現在の借入状況、支払い残高も全部記録されています。
他社で既にキャッシングを利用していたとすれば、どこでいくら借りているのかも全て確認する事ができるので、申し込み時の自己申告の際は正直に行うというのもとても重要です。

 

そのような信用情報は、もちろん本人が調べる事も可能です。もしも自分の信用情報がどうなっているのかを知りたいのであれば、国内には3つの個人信用情報機関がありますので、有料ですが申し込みをすれば簡単に確認する事ができます。

 

収入証明書の提出

キャッシングの場合、小額の融資であれば収入証明書は必要ありません。消費者金融であれば希望限度額が50万円以上で他社からの借入と希望限度額の合計が100万円以上などになると収入証明書の提出が必要になります。
消費者金融は年収の3分の1まで融資できますから、フリーターであっても年収が150万円以上あるなら限度額50万円を希望する事もできますので、その際には収入証明書を出さなければなりません。

 

また勤務先への在籍確認が電話では難しい場合などに、消費者金融なら収入証明書の提出でもって代わりとする場合があります。銀行は消費者金融よりも収入証明証が必要になる限度額が高くなっていて、ほとんどの銀行が300万円を超えなければ本人確認書類のみの提出で利用できます。

 

独自審査の業者にご注意を

キャッシングの審査に通らないとお金を借りる事ができません。そのように通常の審査に通らないような人を狙った貸金業者が多く存在するので注意が必要です。勤務実態についての調査もろくにせず、信用情報がブラックでも独自審査があるので大丈夫というような業者はヤミ金などの違法業者です。

 

手数料だけを取って結局お金を貸さずに逃げられてしまったり、実際にお金を貸した上で法外な金利をいつまでも要求されてしまったりと、一度関わってしまうと抜け出すのが大変です。どんなに困っていてもそのような悪質業者には絶対に関わらないようにする決意をして、もしも関わってしまったらすぐに専門家等に相談してなるべく早くに関係を絶つようにしましょう。

 

→ヤミ金対応(違法高利金融業者対応)|東京弁護士会

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日